NEWS

Sylvester the Cat

こんばんは。
約3ヶ月振りにブログを投稿しました😂

来たる2021年、SPACEJAM2がレブロンジェームズ主演で公開が決定しました。

内容自体子供向けで、別に大して面白い訳ではないですが、映画オフィシャルのマーチが本当にどれも可愛い!色々と集めたくなります🤤

というわけで今回は、そんなSPACE JAMにも登場する、僕が"世界一"愛してやまないワーナーのキャラクター「シルベスター」
彼について書かせて頂きます。

シルベスターという名前だけ聞いてもピンとくる方って少ないと思うのですが、絶対に誰しもが一度は見たことあるはず。

ワーナーの大人気アニメーション"トゥイーティー"に登場する白と黒のブチ猫。
そう、こいつです。

初登場は1945年公開を白黒アニメーション
Life with Feathersでテレビデビューを果たします。

トゥイーティーの公開が1942年なので、実はトゥイーティーの方が少しだけパイセンなんですね🧐

一応野良猫という設定ですが、話によっては白髪のおばあちゃん"グラニー"に飼われている時もあります。

毎度毎度トゥイーティーを捕まえようとしますが、いつも空回り。

口癖は"Sour Sccotash!"日本語吹き替え版だと、"スルメも逆立ち!"
意味をネットで調べてみたのですが、彼の作ったオリジナルのことわざで、特に意味はないそうです😂

トゥイーティーよりも出演回数が多く、本当の主役はこいつなんじゃないかっていつも思います。笑

普段はトゥイーティーやスピーディゴンザレスなどを追いかけ回す悪役的なキャラですが、実はそこまで悪人ではなく、優しい一面なんかもあります。

上の写真は野良猫たちによる、小鳥を食べずに友達として扱おうという会に参加した時の話。

トゥイーティーを追いかけ回すのはやめて心機一転心を入れ替え、仲良くなろうというハートフルなストーリーですが、確かオチはその会のリーダーが、また小鳥を食べたくなる衝動に駆られるみたいな感じでした。笑

そんな彼も実は一児の子供を持つ親父で、
息子"シルベスターJr"の前では父親としての威厳を見せようとしますが、それが裏目に出て散々な目に遭います。

ビルの屋上から落ちたり、上からグランドピアノが降ってきたり、ライオンの飼育小屋に誤って入ってしまったりと、命がいくつあっても足りないような生き方をしていますが、それでもめげずにトゥイーティーを追いかけ回す不屈の精神と、時には仲間を助ける優しい心を持った彼に、幼少期の僕は強く惹きつけられました。笑

バッグスやダフィーダック、ロードランナーのような人気キャラクターみたく日の目を浴びる立ち回りのキャラではありませんが、どこか憎めないシルベスターを僕はいつまでも愛し続けていきたいなと思います😚

ご清聴ありがとうございました〜👋